ファイナルカット Pro X:スマートコレクション

 キーワードコレクションは、ユーザーまたはFinal Cut Pro Xが特定のキーワードを割り当てたすべてのクリップを集めます。一方、スマートコレクションは、複数の検索条件に一致するすべてのクリップを集めます。テキスト/レート/メディアタイプなど、条件に合うクリップをまとめる方法です。

 テキストベースのキーワードコレクションとは異なり、スマートコレクションは、フレームレートやフレームサイズといったカメラのメタデータに基づくことが可能です。1つのクリップが、複数のキーワードコレクションやスマートコレクションに含まれることがあります。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【新規スマートコレクションの作り方】

1.任意のイベントを選択します。

2.【⌘+F】でフィルタウィンドウを開き、右上の【+】ボタンから条件を指定して、「新規スマートコレクション」ボタンをクリックします。

3.ここでは、カメラの名称を「[HDR]」と入れてみます。

4.瞬時に、タイトルに「[HDR]」が含まれているクリップが集まりました。イベントライブラリには、新しいスマートコレクションが作成されています。スマートコレクションの名称を「[HDR]」と変更します。

スマートコレクションは紫色のマーク、キーワードコレクションは水色のマークです。

5.紫色のマークをダブルクリックすると、フィルタ画面が表示され(【⌘+F】を押すと新規のフィルタ画面が表示されてしまいます)、設定した条件が確認できます。

6.この検索フィールドに、キーワードを追加してみます。右上の【+】をクリックし、【キーワード】を選択し、すでに設定してあるキーワードコレクション「休憩時間(談笑)」を追加すると、「[HDR]」とキーワード「休憩時間(談笑)」を含むクリップが、瞬時に集められます(この場合は一つです)。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

キーワードコレクションは、クリップに任意のキーワードを与えるものであり、スマートコレクションは、複数の条件に合うクリップをまとめる機能です。

ありがとうございました。