ファイナルカット Pro X ;変形とKen Burns の関係

先日、ある画像をFinal Cut Pro Xに読み込みました。

1.  イベントブラウザに読み込んだ画像をチェックすると、上から2番目の画像のみ、大きさが異なっています。
2.  次にタイムラインに読み込むと、やはり、2番目の画像のみ、1920×1080 を満たしていません。
3.  両脇にある黒の空白を埋めるために、【変形】ツールを使い、拡大します。
4.  拡大した画像に対して、【Ken Burns】を使って、画角を変えます。ビューアの左下のマークをクリックし、【Ken Burns】を選択します。開始時の画面が緑色、終了時の画面が赤色に変化します。
しかしこのとき、背景の画像は変形する前の大きさに戻っています。
5.  この状態で次のように【Ken Burns】をかけます。
6.  開始時の画角は、5の画角を満たしていません(宮崎県が含まれていません)

同時に、終了時の画角を見ると、5の画角を満たしていません(表示されている台湾の範囲が狭いことが分かります)

7.  これは、3において拡大した画像をもとに、【Ken Burns】の設定がなされています。しかし、4の画面において、変形させた画像が表示されていなければ、正しい【Ken Burns】の範囲を設定することはできません。
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
これについては、後日、 App Store にて教えてもらいます。
結果については、またこちらのブログにて記述致します。
ありがとうございました。