ビニールハウス解体3日目

おとといは解体3日目、散乱していたパイプも片付き、すっきり。
翌日から、さっそく資材探しに走り回りました。昨日は三郷のホームセンターに出向き、資材を購入。2.5間のパイプが大量に残っていました。資材庫の立て替えに使います。明日は千葉と埼玉の北部に出向きます。
この大雪で、どこのホームセンターでもハウスのパイプが不足しているとの事。
メーカーにも在庫がなく、入荷は4月、5月だとか...
それに、農家さんも、倒壊したハウスの解体に困っているとの事。
理由は、業者が建てたハウスについては、保険適用の問題があり、なかなか解体にいたらず、農家さんも自ら解体を始めるという状態...
でも、どこから手をつけたらいいかわからず、さらに圃場に100Vの電源がなく、困っているということも聞きました。
そんなとき、
そんなときは、
そんなときこそ、ゆうきファームの出番です!

うちはこんな機械を使って、2日間でハウス3棟のパイプをほとんど切り終えました。
【HITACHI セーバソー】、鋼管切断専用の機械です。
19mmや22mmのパイプなんぞ、お手の物。
来週から、少し時間が空くので、知り合いの農家さんにはこうお願いしました。「うちはこの機械のおかげで2日で解体できました!パイプ切るだけなら、発電機持参で行きますので、まわりの困ってる農家さんに声かけてください。」
「了解、そのときはたのむゎ!」威勢のいい返事がもらえました(^^)
大変なときこそ、お互い様。少しでも余裕のある者が率先して動く。
倒壊したハウスは、なるべく早く解体して、少しでも光が見られるようにする。
東日本大震災ではなにもできなかった自分が、やっと今、役に立てるかもしれないという思いがわいてきましたょ。よし、月曜からは農家回り!