トマト苗灌水、育苗所狭し...

今日はあいにくの雨。
育苗所のトンネルは、ビニールのみをかけ、保温マットは外します。

やっとわかりました。
朝からポット内の土は湿っており、夕方にもそのまま湿っている。なかには表面が乾いているものも。ところで夕方時点の葉先を見ると、ぴん!としてます。これが水を吸って生長している姿か...ということは、昨日までのクタッとした状態、やはり水分が不足しているということなんだ。

これでリセットできたような気がする。明日の朝になれば、ポット内の水分がある程度抜けて、今日の状態に比べクタッとしたものが増えるでしょう。ということは、そのクタッとしたものを中心に、灌水をすればいいんだ。

たまには、一日中雨という日も必要なのかも。植物体の状態を把握するために。ずっとトンネルのビニールを閉めていれば、湿度も温度も保てるし、植物体にとっては水分を吸うチャンスなのかもしれない。それを人間が見て、判断する。

先日鉢上げしたハクサイの苗。葉が...もうジャングルです。
これ以上のスペースがない!
先生!もうひとベッドつくりますか!

ブロッコリーも!

キャベツも!
大きくなってくれているのは嬉しいんだけど、スペースが...