パイプハウス;雪対策

雪に備え、資材庫に支柱をいれて補強しました(^^)48mmの単管を2mおきに7本入れて、完了です。天井の直管が曲がってしまうんじゃないか!と思うほど、下から突っ張らせたので、少々の雪でも潰れることはまずありませんだ...逆にハウスの歪みが怖いくらいです。資材庫の床面は10cmくらいの高低差があるので、長いところは切って、短いところに足しました。こんなときに役立つのが、ベースです。10cmくらい継ぎ足すには、申し分ありません。
この48mmのパイプ、少々の力では動かないので、テコの原理を使いました(^^)クワだのなんだのがおいてある棚にもう1本のパイプを置き、えっちらおっちら持ち上げながら、位置を決めます♪これならすごく楽です。

 入口から見ると、こんな感じ。天井金具と設置するところには、薄い板材をかませると、より安定します。ただ、天井部分は、高温&多湿になるので、木が腐りやすいと思います。ほんとうは、雪が降ると分かった時点で補強を入れるのがベターなのでしょうが...ゆうきファームは3棟あるので、せめて資材庫だけでも安心できる場所にしておきたいのです(^^)

 クロスバーに、筋交いに、48mmの支柱。もう大丈夫でしょう!