次への準備

ここ数日間、こんな風にトラクター運び出したり、マルチャーやパイプを運び出したり...教習所に行って大型特殊免許やバックホーの作業免許(いわゆる車両系建設機械)をとってきたりと、かなりワタワタしてました。ゆうきファームが3月で終わりになることを受けて、次の自分の身の振り方を考えるにあたり、いろんな準備があります。頭の中がすごく忙しい。建設機械の作業免許については、今までは無免許で借りてたので(3t未満のレンタルは可能なのですが!)、今回の撤退をいいことに、胸張って借りられるようにしました。そんなにでかい重機は使う機会がないですけどね。ちなみに、来週の末には「車両系建設機械(解体)」の講習も受けてきますので、荒地の整備なんかも重機さえあればできるようになります。自腹切って講習に行く奴も珍しいようで、教習所の方には、「最近の若者はやる気あるんだねぇー」なんてからかわれました(^^)

さてさて、ゆうきファームの撤退にあたり、今後のわたくしの身の振り方については、今まさに佳境に入っています。詳しくははっきりと決まり次第発表しますが、ほんとうにいろんな人にお世話になっています。岡安先生や振興センター、試験場の方々、直売で一緒している方々、コンテナとか泥だらけのもので家を埋め尽くしても家を提供してくれる人、そしてこれから本格的に面倒みてもらうであろう大農家さん。荒地の開墾から農業を始めて1年半、ここまで来れたことも奇跡なんですが、この先自分が登らねばならん山の大きさを考えると、もう絶望に近いものがあります。資金や土地の問題、はては栽培技術など、それはそれはもう「農業なんかやめちまえばいいのに」と言われてしまいそうなもんです。
でも、自分の年齢や気力、体力、おかれている環境なんかを俯瞰してみてみると、勝負するにはこれが最初で最後のチャンスじゃないかって思うんです。去年1年間も、最初で最後という気持ちで過ごしてきましたが、今後1年間はさらに厳しい年となりそうです。金はなくても心にゆとりを忘れず(笑)、着実に進んでいきたいと思います(^^)
みなさま、今後ともどうぞよろしくお願いしますね!