辛いリウマチが発症したことに感謝できる3回の転機

リウマチと診断されたことが受け入れられず、「リウマチにさえならなかったら…」と悔やんでいる方へ。

長い治療生活で多くの方はどのように精神状態をキープするのでしょうか。

本記事では「辛いリウマチが発症したことに感謝できる3回の転機」と題し、リウマチの発症に感謝している方の共通思考をご紹介いたします。

辛いリウマチが発症したことに感謝できる3回の転機

 

1.発症したことをプラスに考える転換点

狛犬 神社 眼差し

病気の現実を見据える

リウマチと診断された瞬間、多くの方は頭を抱えまてしまいますよね。働き盛りの男性であれば仕事や家庭のことが真っ先に思い浮かぶといいます。女性であれば妊娠のこと、子育てのこと、毎日の家事のこと、仕事のことなど次々に心配事が出てきますよね。そして医療費、投薬の問題。初めからプラス思考ができる方はいないようです。最初は誰しもがマイナス思考に陥り、ある転換点を通じて徐々にプラス思考に変わっていくといいます。その思考のターニングポイントはどこにあるのでしょうか。共通することは次の3点のようです。

  • 投薬の効果が出ている時(生物学的製剤の使用により痛みをほとんど感じなくなった時)
  • できなくなっていたことが以前のようにできるようになった時
  • 投薬を続けながらも、寛解状態に至った時

共通することは、治療の効果が出て痛みが和らぐ期間が続いているということですよね。この時に思考が徐々に変わるようです。痛みが強い時は精神的に追い詰められ、日々を無事にやり過ごすことで精一杯ですが、痛みが和らいだ時から、心にゆとり・余裕が生まれるようです。それまでは「なんで自分がリウマチに?」「遺伝?」「誰が悪いの?」「こんなこともできなくなった」と、リウマチの原因探しや犯人探しの状態が続くようですが、それが「今朝はだいぶ楽になったかな」「痛みが和らいだから気分転換に少し外に出てみようかな」などと、自分の外に目が向くようになるといいます。

 

2.転換点を通過した後の思考とは

水しぶき 湧き水 滝

病気と共に生きるには

この時期から自分の体の使い方が分かるともいいます。どこまで無理をすれば関節が痛むのか、どこまでならセーフか、自分自身で日常生活の行動を振り返ってコントロールできるようになるようです。体との対話がなされているとでもいうのでしょうか。対話ができるようになればこれまでの自分の行動パターンや思考のパターンに気づくことができますよね。リウマチになったことを悔いている時点では、後ろ向きに走っているのと同じで進歩がないといいます。転換点を過ぎた後、多くの方が次のようにコメントします。

  • 無理した後に体が悲鳴をあげることがわかった
  • 無理する前に引き返すことを覚えた
  • このくらいでいいかと妥協できるようになった
  • しょうがないかと思えるようになった

それまでは妥協の「だ」の字も無く突っ走ってきた人が、病気を機に目の前の現実を受け入れた瞬間、人生観や価値観が変わり始めるようです。その根底には「できないことを悔いても仕方がない、できることを続けよう」という思考があるようです。それまでできていたことが痛みによってできなくなるというのは、精神的にもダメージの大きいことですよね。中には「リウマチにならずこれまで通り仕事に突っ走っていたら、どこかで精神的に詰んでしまっただろう」とか「常に現状に満足しない自分を続けることで、ハツカネズミのように回り続けていたかもしれない」など、現代の心の病につながるような話も多々あります。

 

3.今できることに感謝する

石段 竹 灯り

自分の内面に目が向く

これも多くの方が口を揃えて言うことのようです。家事ひとつとっても、関節の痛みが出ている時と痛みがない状態で同じことをするのでは、天地の差があります。薬が効き始めた時に以前と同じことができるようになると大きな幸せを感じると言います。食事をした後の洗い物でさえも、「痛みがなく洗えるって素晴らしい!」と感じることができるようです。中には張り切って体を使い過ぎてしまう方もおられますが、できないことができるようになるというのはそれほどまでに嬉しいことであるようです。

特に生物学的製剤の治療を始めたばかりで痛みが和らいだ方は、感動すら覚えるといいます。リウマチになったからこそ、それまで当たり前だと思っていた普段の何でもないことが幸せと感じられるようです。

  • 家で飲む1杯のコーヒーが美味しく感じられた
  • お湯を沸かしたケトルを持つことができて幸せを感じた
  • 近所のスーパーにひとりで買い物に行くことができた

とおっしゃる方もおられます。これが幸せの原点なのでしょうか。些細なことに幸せを感じて生きていくことができれば、リウマチはもはや憎むべき敵ではありませんよね。目の前にある「当たり前」という幸せに気づかせてくれた、ある意味ありがたい病気であると。リウマチ発症の意義を次のように捉えている方が多いようです。

  • それまでの物事の捉え方・思考を転換するということ
  • 今の現状に感謝した上で先を目指すということ
  • 自分の生き方に「これでいいのか?」と疑問を持つきっかけであること
灯籠 苔 神社

些細なことや美への気づき

最後に…

ここまでの長文をお読みくださいまして、本当にありがとうございます。
本記事では「辛いリウマチが発症したことに感謝できる3回の転機」と題し、

  • 発症したことをプラスに考える転換点
  • 転換点を通過した後の思考とは
  • 今できることに感謝する

3つご紹介しました。

自身の状況を客観的に見ることができるようになるには、痛みが和らぐ期間が必要ですし現時点では薬での治療が欠かせませんよね。リウマチと診断されたら治療方法を決定し、体に合う治療薬を見つけ、痛みが治まるまで待つことが近道のようです。痛みが治まれば外に目が向きます。そこからが本当のスタートであると言えそうです。

以上、
「辛いリウマチが発症したことに感謝できる3回の転機」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。