ホッカイロにありがとう

 

毎年冬になるとホッカイロが手放せない方へ、特に猫背傾向で冬場の背中の痛みに悩んでいる方へ。

ホッカイロを使うことで筋肉の張りが和らげば、快適に冬を過ごすことができますよね。

本記事では「ホッカイロにありがとう」と題し、ホッカイロを使うことで背中の痛みを和らげる方法をご紹介いたします。

ホッカイロにありがとう

温石 カイロ 熱

暖をとるための道具とは

店頭で並ぶホッカイロのほとんどが、使い捨てカイロですよね。もともとは「懐炉」と言い、懐に入れて暖をとるものを指していました。古く日本ではギンギンに熱くした石を布などで巻くか、冷まして懐に入れる温石(おんじゃく)が一般的でした。その他、ベンジンを燃料としてホッカイロの13倍もの熱量を出す「ハンディーウォーマー」や「ハクキンカイロ」などの白金触媒式カイロがありますが、使い勝手の良さはシールタイプの使い捨てカイロですよね。

袋を開けた瞬間から、鉄の酸化により発生した熱で暖をとりますが、これをポケットに入れるだけでなく、下の画像のように、下着の上に貼ってしまうのが効果的と接骨院の先生は言います。普段からよく痛む部分に張り、熱を感じながら胸を張ることで、正しい姿勢を保つことができます。寒い日は特に首をすぼめてしまうので肩が上がり、内側に入って背中が丸くなってしまいます。

背中 痛み 温湿布

ホッカイロで背中の痛みを和らげる

出勤前にシャツの下に貼ってしまうことで、日中も快適に過ごすことができそうです。暑い時には上着を脱いだりとどうにかなりますが、寒いのだけはどうしようもありません。

接骨院に行き、正しい姿勢に矯正してもらうことも必要ですが、痛くなる前にその部分を温めることは予防の意味で必要なことであるといいます。お腹と腰に貼れば、お腹の冷えを防ぐこともできますし、背中に貼れば筋肉の緊張を和らげることができます。その他、寝る時には薄手のネックウォーマーをつけて寝ることで、夜中の首元の冷えを防ぐことができますよね。朝一番に起きて、肩がこるということも無くなりそうです。

 

最後に…

ここまでの長文をお読みくださいまして、本当にありがとうございます。

普段の生活のちょっとしたことが猫背の解消につながると嬉しいですよね。背中のホッカイロと胸を張る意識で、冬を快適に乗り切りたいものです。

以上、
「ホッカイロにありがとう」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。