マクドナルドの支払もAMEX(アメックス)で!

AMEXグリーンカードの利用限度額を上げたいという方へ。

「マクドナルドの支払もAMEX(アメックス)で!」と題し、

利用限度額を公式HPから確認した結果と、どんな場面でカードを使用したかをご紹介します。

マクドナルドの支払もAMEX(アメックス)で!

 

1.公式HPから限度額を確認する

AMEX 限度額 クレジットカード

限度額 ¥3,200,000

AMEXカードの利用限度額は、🔗公式HPからログインし、マイページの「カードご利用可能額の確認」という欄から、具体的な数字を入力することで確認できます。続けて2回、限度額を確認することができます。3回目以降は、回数オーバーのため確認することができません。何度も続けて確認しようとすると、セキュリティの関係上でしょうか、一定期間極端に限度額が低くなるようです。2018年2月23日時点の限度額は、1月23日時点に比べて¥200,000円上がり、¥3,200,000でした。

 

2.カード請求額と利用履歴のチェック

AMEX 利用代金 明細書

どんな場面でカードを切ったか確認する

【2018年1月23日から2018年2月22日までの利用額=¥134,061】

今回は、前回のように大きな買い物はありませんでしたが、日常生活に必要な決済をほとんどAMEXで行いました。ローソンでの買い物 ¥361円が最小額、唯一大きな決済は医療費(病院と薬局) ¥58,660円です。今や薬局はそのほとんどがAMEX使用可能ですが、ずっとお世話になっている薬局さんではカード決済を行っていなかったため、これを機にAMEXのカード決済を導入していただきました。

  • 自宅の電気代          9,462
  • ガソリン代           3,852
  • WWFジャパンへの寄付金    1,000
  • Amazonでの買い物         1,680
  • 携帯電話の料金        14,812
  • 食料品の買い出し         4,352
  • 駅ナカのテナントでの食事   16,620
  • コンビニでの買物       1,657
  • ホームセンター        1,699
  • スターバックス(コーヒー豆)    1,641
  • 医療費(病院と薬局)      58,660
  • ツルハドラッグ        2,679
  • 家電屋コジマ          72,512(-77,804)
  • 日本信用情報機構       1,000
  • 楽天ペイ 炭火焼肉ジャント        20,239

家電屋コジマの欄がマイナス表記になっているのは、店側が誤った金額の決済を行ったためです。一度正しい金額を請求し、支払い総額から誤った額を差し引くことになります。日本信用情報機構とは、個人信用情報の開示を日本信用情報機構に対して請求し、その手数料をAMEXで支払ったものです。コンビニなどでAMEXを使う時は、その額が小さすぎるためにどこか恥ずかしい気持ちになってしまいましたが、遠慮はいらないようです。

 

3.マクドナルドでの利用が可能

マクドナルド AMEX 新規加盟店

マクドナルドでの利用が可能に

全国のマクドナルドファンの皆様には大変な朗報ですよね。ふとした瞬間についつい食べたくなるマックのフライドポテト。フライドポテトと言えばマック、マックといえばフライドポテトです。

ついに、店舗やドライブスルーでAMEXカードを使うことができるようになりました。いちいち小銭を出す必要はありません。クルマの窓からカードを出すだけでスマート・スムーズに商品をもらうことができます。アメリカ発祥のマクドナルドとアメリカン・エキスプレス、なんとも言えない組み合わせですよね。日本にいながらにして、どこかアメリカにいるような気分を味わうことのできる体験ではないでしょうか。ポテトLサイズでも400円しない商品ですが、飲み物やハンバーガーとセットにして、AMEXを使っていきたいものです。

以上、
「マクドナルドの支払もAMEX(アメックス)で!」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。